SSブログ

定例の第17回ウイスゲ・バーアーの会 [飲物]

昨日はひさびさにススキノにでました.やはり妻をもらうと早々いつもススキノに呑みに
行くなんて生活もしなくなりました.

しかし,妻は理解があり時々ススキノにでることをゆるしてくれる.それはこの店の雰囲
気をわかってくれているからなのかもしれない.

ススキノは「スコッチハウス クラン」であります.友達の紹介でこちらに行くようにな
ってもう10年くらいたちますでしょうか.

マスターもバーテンの方にもとてもよくしてもらっています.こちらはウィスキーに関す
る話,飲み方を勉強できる素晴らしいお店です.

基本はスコッチウィスキーのお店ですが,ウィスキーを学ぶ仲間でマスターを講師に「ウ
イスゲ バーアーの会」が2ヶ月に1度開かれます.

会員制でメンバーに認められて初めて会員になれます.ちょっと前になりますが,若輩な
がら会員に迎えて頂きました.

テーマは毎回変わります.当番会員がテーマに合わせたウィスキー,料理を準備し,マス
ターに講義を頂きます.

今回のテーマは,コーンウィスキー.バーボンとの違いやWhiskyとWhiskeyの違いや,
アメリカンウィスキーとスコッチウィスキーの製造方法の大きな違いを勉強しました.
Plate Valleyコーン8年.jpg
Platte Valleyは,とても綺麗な琥珀色のコーンウィスキーを頂きました.8年とアメリカ
ンウィスキーとしては長期の熟成となります.こちらもスコッチとの違いを感じます.
Willett30年ライ.jpg
Willettライウィスキーはライらしい強い香りを持つウィスキーではありますが,30年とい
う熟成期間のおかげで強い香りと,その後の舌の上でのスムースを感じるウィスキーでし
た.

こんな感じで,少しずつウィスキーの知識も学べれば良いなぁと思っているところです.
もちろん,普通のお客さんとしても「スコッチハウス クラン」はとても良い店なので出
張などで札幌にいらした時はお立ち寄りください.




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Japansk damplokomoti..越乃寒梅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。